調剤薬局薬剤師が足りない地域

平成18年に、薬学教育に変化が現れました。今までの4年制から6年制へと変更されたのです。また、私立大学の薬学部が増加傾向にあることから、ますます薬剤師が増え続けると予測されるようになりました。
パート薬剤師の求人サイトのオススメは?

つまり、今後は薬剤師が溢れてしまうということです。とはいえ、全国各地で薬剤師が溢れてしまうということではありません。つまり、必ずしも飽和状態とは言い切れないのです。

では、薬剤師が足りない地域とは、一体どのような場所なのでしょうか。もう少々詳しく見ていくことにしましょう。基本的に、薬剤師に対する需要が高いのは、地方都市だといわれています。 最近、ニュースなどでも取り上げられていますが、人口が少ない地方都市では、病院が閉鎖されることも珍しくありません。

また、都市部のように地域医療が根付かないばかりか、医療の分業も進まないため、問題は深刻化しているといえるでしょう。 原因はいくつかありますが、代表的なものとしては、慢性的な人手不足、私立大学の薬学部や薬科大学が少ないこと、人口が少なく採算が取れないことから製薬メーカーなどが進出しづらいことなどがあります。

一方、都心部はどうかというと、特に就職先として人気が高い病院勤務の薬剤師や、調剤薬局薬剤師の枠は競争率が高くなっており、なかなか希望通りの仕事に就くことが出来ないということが起こってきています。

つまり、地方都市とは対照的に、薬剤師が溢れてきているのです。都心部は、交通の便が良いだけではなく、生活をしていく上でも不便さを感じることはありません。 ですから、今後も都心部で働くことを希望する薬剤師は絶えることがないでしょう。

しかし、最近この状況に変化が表れてきているようです。それは、地方都市での雇用条件を見ると良く分かるといえます。ようするに、薬剤師を集めるために、驚くほど条件が良い求人が増えてきているということです。

場合によっては、薬剤師の平均年収の2倍に当たる、年収1,000万円を超えることもあり、都心部の薬剤師の待遇からすると考えられないほど恵まれています。なかなか仕事が見つからなかったり、より良い待遇の中で働きたいのであれば、薬剤師が足りない地域で働くということも、1つの方法だといえそうです。
福島県薬剤師会

アルバイト薬剤師の仕事探しでは業務の確認を

1日4時間・午前中だけ・週2日や平日のみ・逆に土日のみなど、自分の都合のいいシフトを選んで働ける「アルバイト薬剤師」。薬剤師の資格を活かしながらも、ライフスタイルを優先でき、便利な働き方と言えます。

調剤の現場や店舗はスタッフ不足であることが多いので、正社員の不足を手軽に補えるアルバイト薬剤師の求人は豊富に見られます。勤務先も、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社や病院など様々です。 アルバイト薬剤師の仕事を選ぶ際に注意したいのは、「自分がやりたい業務ができるかどうか」という点です。

例えば、これまで病院薬剤師として働いてきた方が、その仕事イメージのままでドラッグストアでアルバイトすることになった場合、当然仕事内容にギャップを感じるはずです。 ドラッグストアでのアルバイトは、薬剤師といえども接客や陳列、商品管理が主になります。業務内容に納得して応募したのならいいですが、そうでない場合にはミスマッチが起こります。

処方箋を扱うストアもありますが、調剤業務はできるのかどうか、事前にしっかりと確認しておいたほうがよいでしょう。 病院や調剤薬局のアルバイトならば、常勤の薬剤師と同じように調剤スキルを生かせるはず・・・と思っていると、がっかりしてしまうケースもあります。

アルバイトは受付・会計を担当し、錠剤をバラにする、薬を補充するといった助手的な業務のみ、という職場もあります。「薬剤師らしい仕事を」と希望している場合には、当てが外れかねないのです。 長年勤めたベテランアルバイトであれば別ですが、普通は正社員のような責任を伴う業務は任されないものです。だからこそ、勤務時間や休日等の融通をきいてもらえるということもあります。

このようなミスマッチを防ぐには、街で見かけたアルバイト募集の張り紙に応募したり、ハローワークで応募するなど、直接自分で求人先とのやり取りをするよりは、薬剤師専門の求人サイトへ登録して、サイトを通して仕事を紹介してもらう方が効果的ですよ。

支援サイトなら、アルバイト求人内容では実際の仕事内容がよくわからない、というときにも、コンサルタントを通じて事前に確認をとることができます。そのため、「勤めてみたら全然違う仕事だった」という心配はありません。

まずは2~3のサイトに登録して、掲載求人の内容やコンサルタントとの相性を見て、自分に合ったサイトを選ぶことで、アルバイト選びの成功率が高めることができます。 せっかく見つけたアルバイトなのに、すぐに辞めることになればまた一から探し直しです。そのようなことがないよう、希望に合った仕事を見つけることが大切ですよ。

高時給のパート薬剤師求人探し、3つのポイント

パート薬剤師の仕事を選ぶとき、勤務場所やシフト条件などと同じように肝心なのが「時給」です。資格職である薬剤師は、確かにほか業界に比べればパート時給も高めですが、求人ごとに時給の幅が大きいのも事実です。

同じ「店舗」のなかでも、コンビニの常備薬コーナー担当のパート薬剤師時給は、1,600円前後となっています。これに対し、ドラッグストアでのパートでは平均して2,300円程度であり、その相場の幅は1,800~2,800円と大きく開きがあります。

もっと高時給の仕事があったかもしれないのに、知らずに損をしたくはないですよね。そこで、パート薬剤師が時給の高い求人を見つけたい時に押さえるべきポイントをまとめておきます。 履歴書でのアピールや条件交渉で有利なポイントとして「薬剤師経験」があります。例えば、過去に薬局での勤務経験があり、今回も薬局でのパートを希望するならば、その経験年数をしっかりと伝えるべきです。

経験があれば、研修や指導の手間を省いて即戦力として採用することが出来、雇う側もそれだけ高時給を保証できます。アピールできる職歴はしっかり活かしていきましょう。 勤務先としては「販売競争率の高い店舗」を選びます。調剤店舗同士の販売競争においてより有利な店舗では、パート時給も高めになる傾向があります。

そのため、個人経営の薬局<大手チェーンのドラッグストア<なかでも売り場面積が広く人通りの多い店舗の順に、パート時給はより高くなるでしょう。しかし、競争率の高い店舗は仕事もかなり忙しくなるため、それなりの覚悟は必要です。

次のポイントは「地域性」です。都心部の店舗は販売競争率がそれだけ高く、なかでも大きな病院が近ければ、処方箋の調合を受ける件数もグンと増えて、パート時給もアップします。東京や横浜、大阪、名古屋といった大都市では、パート薬剤師も高時給を望めます。

パート薬剤師の求人を探すなら、「経験年数」「販売競争率」「地域性」の3つのポイントを押さえて、より時給の良いお仕事を見つけてください。 いざ実際に求人を探してみると、そんなに高時給の案件を見つけられないのだけれど・・・という方には、薬剤師求人サイトの利用をおすすめします。

インターネット上で無料会員登録でき、時給や地域、業種などの希望条件を絞りこんで、効率よく仕事を探すことができます。情報を上手に利用して、就職で損をすることがないようにしたいものです。

ページの先頭へ