薬剤師が高収入を得るためには?

薬剤師の給与というと一般的には「良いお給料をもらっていそう」というイメージがあるようですね。しかし、実際に薬剤師として働いている人間からしてみると、労働に見合った賃金を得ることが出来ている、と考える人はそう多くないというのが実状です。

確かに、一般企業に勤めるサラリーマンなどから見ると、薬剤師の給与は高めに感じられるかもしれません。しかし、薬剤師の給与は勤務先やワーキングスタイル、勤務地(都市部か地方か)などによって大きな差があり、一概に「薬剤師=高収入」という図式は成り立ちません。

では、薬剤師が年収アップを目指す場合、どういった点に気をつければ良いのでしょうか?まず、前提として押さえておきたいポイントが「基本的に初任給は地方の方が高い」という事です。現在、都市部では薬剤師の数が比較的揃っているのですが、地方に行けばいくほど薬剤師不足は深刻です。

そのため、地方と都市部では、勤務条件が同じ程度であっても、初任給で数万円単位の差が生じる事が珍しくありません。また、地方で就職すると年収が上りにくいという噂もありますが、これもケースバイケースであり、特に調剤薬局の場合は、地方でも年収が大幅アップする場合も少なくありません。

転職などで職場を変える事を前提として年収アップを目指すなら、念入りに準備をした上で地方を目指すというのも一つの方法です。

そして、もう一つの年収をアップさせる方法は、なんといっても知識やスキル、そして実績を高めるということです。薬剤師として高収入を目指すのであれば、調剤薬局や病院などよりも、製薬メーカーなどで活躍する方が大きな年収を手にする事が出来ます。

そしてその場合、その人の持つ能力や実績こそが、その後の年収や昇進に大きく反映される事となります。病院や調剤薬局と異なり、給与アップの見込める製薬メーカーなどは徹底した実力主義、成果主義が取られていますので、薬学に関する深い知識の習得や、コミュニケーションスキルを含めた、業務に関連した多彩なスキルを身につけるといった努力が必要となります。

いずれにしても、薬剤師として高収入を得るためには、高額の報酬を提示してくれる企業や職場を見つける努力と、就職後、誰にも負けない自己研鑽を続ける精神力が必要となると言えるでしょう。

ページの先頭へ