薬剤師が生き残るために必要な事

薬剤師が生き残るために必要なこととは、一体どのようなことなのでしょうか。詳しく見ていくことにしましょう。 今までの薬剤師は、薬局で調剤をしているイメージがあったため、調剤さえできれば良いと考えていた薬剤師はたくさんいたといえます。

しかし、現在はそのような考え方では生き残ることができません。なぜなら、盛んにコミュニケーション能力が重要であると言われるようになってきたからです。これには様々な理由がありますが、中でも薬剤師になるための知識を学ぶ場所である、学校教育の変化が深く関係しているといえそうです。

6年制が導入される以前の薬剤師教育は、主に薬学に関する知識を学ぶことに焦点が当てられていました。しかし、6年制が導入された今、薬剤を扱う考え方や姿勢、関与、責任などにおいて、患者視点から考えることができる薬剤師の教育に切り替わったのです。

つまり、それだけ患者の立場で考える事ができる、薬剤師が求められてきているということです。ちなみに、文部科学省では薬剤師の資質として10項目挙げています。 代表的なものとしては、コミュニケーション能力、地域の保険・医療における実践的能力、チーム医療への参画などがあります。

この他にも、掲げられている資質はありますが、まとめて言うと、より薬剤師としての専門性を高めるだけではなく、一人ひとりに合った医療を提供できるような、体制にしていくという姿勢が伺えると言えそうです。 といういうことは、4年制の大学で学んできたことだけでは不十分だということになります。

ようするに、生き残っていくためには、これからの医療の在り方や、薬剤師としての在り方も含めた上で、薬剤に関するスキルと、ヒューマンスキルを高める必要があるということです。

ただし、これはすぐに身に付けることができるわけではありません。場合によっては、年単位の時間が必要となることでしょう。しかし、その期間に学んで身に付けたことは、決して無駄にはなりませんし、生き残るためには必要なスキルとなるはずです。

ページの先頭へ