薬剤師にとって重要なスキル

薬剤師の国家試験に合格したからといっても、就職先が見つからなければ薬剤師として働く事はできません。ですから、ここでは薬剤師の就職活動について説明していきたいと思います。

薬剤師を募集している会社の多くが最も重要視しているのが『面接試験』です。なぜならば、薬剤師の活躍の場は『調剤薬局』であり、そこに訪れる患者に適切な対応が求められるからです。その時、処方する薬の説明はもちろんのこと、患者側から質問される相談などにも乗らなければなりません。

この時の説明の如何によっては、利用者たる患者へ不要な不安を与える事にもなりかねませんので、懇切丁寧な対応は必須のスキルとなる訳です。また、しどろもどろな説明を行えば、薬局信用を失墜させかねない事態になってしますし、逆に親身になって説明が行えれば薬局への信頼感も増す事につながります。

ですから、薬剤師の就職面接では社会人として求められる礼儀に加えて、受け答えや笑顔などの『人当たりの良さ』なども面接時に確認されます。また、薬剤師の就職面接では、前述の様に患者とのやり取りが仕事のウエイトを大きく占めるので、『コミュニケーションスキル』もチェックされます。

特に、『物事を簡潔に分かり易く説明する』ところは重点的にチェックされる項目です。なぜならば、患者に処方する薬の説明や服用の仕方、処方する薬の副作用などを伝える事も薬剤師の重要な仕事だからです。

こういった事を単に説明するだけならば、『物事を簡潔に分かり易く説明する』必要はありませんが、説明する相手があくまでも薬の素人であり、場合によっては子供や老人などにも分かり易くかつ正しい説明が求められます。

ですから、薬剤師の就職面接を受ける時には、質問に簡潔に答える努力をするようにし、なおかつ分かり易い表現で答えられるように努めなければなりません。薬剤師を目指される方は、日頃から『コミュニケーションスキル』を磨く為に、『物事を簡潔に分かり易く説明する』ように気をつけてみる事をお勧めします。

ページの先頭へ